そもそも保険はどういったものなの?仕組みについて知りたい!

保険に加入しなければいけないのは分かっているけど、仕組みがよく分からない……
そんな悩みを抱えている人も多いでしょう。
一見難しそうな保険ですが、実はシンプルに考えると3種類しかないのです。
そんな保険の仕組みを見ていきましょう。

 

まず、保険は大きく分けて定期保険と養老保険、終身保険の3種類に分かれます。
定期保険は一定期間保険料を払い続け、その期間にトラブルがあれば保障してくれる保険をいいます。
支払い期間や保障期間が決まっているので、満期があり、契約によっていくらかお金が戻ってくる場合もあります。
一般的にこの定期保険で契約する人が多いでしょう。

 

養老保険とは貯蓄と保障の両方が備えられる保険システムです。
保険はいくらかお金が戻ってくる場合もありますが、基本的に掛捨てです。
病気や怪我などのトラブルがなければ、保険料を支払っただけで終わってしまう保険がほとんどです。
それでは保険に入る意味がない……
そんな人のために養老保険はあります。

 

養老保険は保険料が高くなりますが、満期に保険金が受け取れたり、死亡保障が高いのが魅力です。
貯蓄の意味もある有効的な保険ですね。

 

最後に紹介するのは終身保険。
このシステムは一生涯ずっと保障が続く保険です。
本人ではなく遺族が死亡保障金を受け取れるシステムになっているので、掛捨ての心配はありません。
自分と家族の将来に備えたい。
そんな人にお勧めの保険システムが終身保険なのです。

 

保険は大きくわけてこの3種類になります。
興味を持ったら保険を扱っている代理店に相談してみるといいでしょう。