保険の種類ってどんな種類があるの?

長い人生に備えるために保険選びは重要です。
しかし、保険にはいろいろと種類があって、どれを選べばいいのか分からず、困っている人も多いでしょう。
生命保険には種類がいろいろありますが、基本的な種類の特徴や仕組みをしっていれば、あなたに合った保険を選ぶことが可能です。
それぞれの種類を紹介していきましょう。

 

まず、紹介するのが死亡保険です。
これは終身保険や定期保険の形で販売されている保険です。
生命保険の代名詞ともいえる保険で、死亡したら受取人が設定した人に死亡保険金が支払われます。
目的は妻や子供など稼ぎ頭を失った家族の保障を目的に作られています。

 

次に紹介するのが医療保険です。
病気や怪我をした時に、国が保障してくれる保険では十分な治療ができません。
癌治療や先進医療などは莫大な治療費や薬代が必要になります。
ほかにも入院に費用なお金も負担しなければなりません。
それをバックアップしてくれる存在が医療保険です。

 

医療保険には終身保障してくれるタイプもありますが、期間を限定している定期医療保険もあります。
この2つの医療保険には持病を抱えている人が入りにくいので、そういう人に向けた引き受け緩和型の医療保険も販売されています。

 

保険には医療保険から発生した癌保険、介護に備えた介護保険などいろいろな種類があります。
変わったところでは外貨建て保険のような新しいタイプもありますが、一般的に死亡保険や医療保険に加入する人が多いでしょう。
保険の加入を考えたら、死亡保険や医療保険の加入を考えてみましょう。