よく聞く貯蓄型と掛け捨て・・・どっちがお得なの?

生命保険に入るとき考えてしまうのは貯蓄型にするべきか……掛け捨て型にするべきか。
その選択に悩んでいる人も多いでしょう。

 

支払う保険料で言えば、時期的な差が生まれます。
若い時期に貯蓄型の保険に入っていれば、最初は高く感じるかもしれませんが、年齢とともに収入があがれば安く押さえることができます。
貯蓄型の保険料はずっと変わらないからです。

 

掛捨ては若いうちは安く抑えることができますが、年齢とともに保険料も上がっていきます。
これは病気にかかるリスクが年齢とともに上がっていくからです。

 

保険料で考えれば、その人が加入する時期や加入する期間で考えてみましょう。
若い時期からずっと同じ保険で入るのであれば、貯蓄型の生命保険が魅力的です。
しかし、若いうちから保険に興味を持つ人は珍しいでしょう。
ほとんどの人は結婚や介護が始まり、保険に興味を持つ場合が多いです。
そうした人は、貯蓄型ではなく、掛捨ての保険に入り、自分にあったタイミングで保険の解約も検討するといいでしょう。

 

掛捨ての保険は保障内容である怪我や病気にならなければ、保険料は返ってきません。
こうして考えると、掛捨ては損をしているイメージがありますが、貯蓄型も途中解約をすれば同じ結果です。
重要なのは、その人に合った保険プランを選ぶことです。
貯蓄型も掛捨てもメリットとデメリットがあり、甲乙は付けられません。
ファイナンシャルプランナーや保険窓口の担当者と相談し、あなたに合った保険プランを選ぶ必要があるでしょう。