医療保険に入るならいくつかのポイントをおさえて入ろう!

医療保険というと、
病気になった時に支払われるものであり、
いわゆる掛け捨てタイプに保険です。

 

昔であれば入院した日数に対して支払われるものであったが、
近年は入院日数が減っていることもあり、そういったタイプではなく、
実費補償タイプなども登場してきました。

 

また実際、治療に役立つサービスを提供しているものもあり、
上手に使うことで、費用だけでなく、治療面においても、
大きな効力を発揮する医療保険があります。

 

例えば今から紹介するサービスを付帯している、
医療保険は掛け捨てでも入っておく価値は十分にあるでしょう。

 

セカンドオピニオンサービスがある

セカンドオピニオンとは、
今かかっている医師以外の医師にも診てもらうことにより、
多角的な判断をしてもらうといったものです。

 

有名な機関としては「T-PEC」がありますが、

 

 

例えば、A医師に助かる術は手術しか方法がない、
といわれたとしましょう。しかしこれが本当に正しい判断なのか?
どうも納得がいかないし、他に何かないのか?

 

そんな時にセカンドオピニオンは効果を発揮します。

 

違うB医師の判断、見解を聞くことで、
A医師の判断は正しいのか?自身の納得いく判断ができるわけです。

 

ただ、他の医師に診てもらいたいと思っても、
なかなか医師に伝えにくいのが実情だったりするのですが、
それを代わりに行ってくれるのがセカンドオピニオンサービスというわけです。